MRI検査の拡散強調画像について。健診会 東京メディカルクリニック

外来診療
画像診断センター
MENU

人間ドック・健診について

その他

MRI検査の拡散強調画像について

MRI検査で癌や急性期脳梗塞などを高信号で写し出す撮像法です。
全ての癌が写し出せるわけではありませんが、高確率で写し出すことが可能です。
人間ドック本来の病気を見逃さない為の検査方法ともいえます。
PETと比べ空間分解能解像度が高く、多くの腫瘍でPETより診断精度が高いことが報告されています。
また放射線被ばくも注射の必要もありません。

拡散強調画像では癌だけではなく良性病変も描出されてきますが、従来のMRI撮影法(T1・T2強調画像)も同時に撮影されますので正確な診断ができます。

  • 急性期脳梗塞
    急性期脳梗塞
  • 肝臓がん
    肝臓がん
  • 子宮がん
    子宮がん
  • 前立腺がん
    前立腺がん
お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

0120-770-929

FAX:03-5980-3439

キャンペーン情報

メディア掲載情報

人間ドック・健診についてMedical Checkup

人間ドック・健診のご予約はこちら

予約お問い合わせ

0120-770-929

受付時間
(平日)9:00 - 19:30
(休日)9:00 - 16:30

診療についてClinic

ページトップへもどる