内診の検査結果について。健診会 東京メディカルクリニック

外来診療
画像診断センター
MENU

人間ドック・健診について

その他

内診について

膣に片方の手を入れ、もう片方の手で腹部を押さえて子宮、卵巣、子宮周辺を触診する検査です。子宮の大きさや、押さえることによる痛みがあるかどうかを確認します。

この検査で疑われる病気

  • 子宮筋腫

    子宮の筋肉の中に発生する良性腫瘍です。かなりの頻度で発生し、筋腫があっても症状が出る人と出ない人がいます。症状としては、過多月経、生理痛、不正出血などがあり、貧血を起こすこともあります。

  • 子宮内膜症

    子宮内膜の組織が他の部位(子宮筋の中や卵巣の中)に発生する疾患です。珍しい病気ですが、悪性化することがあるので治療や経過観察が必要です。

  • 子宮頸管ポリープ

    子宮の入り口にある粘膜の増殖によってできる良性の腫瘍です。無症状のことがほとんどですが、不正出血、性交時の出血、月経期間の延長などが起こることがあります。

  • 卵巣腫瘍

    良性の卵巣のう腫瘍と悪性腫瘍があります。症状が現れにくく、超音波やMRI検査(磁気共鳴撮影)で診断されます。

ここもcheck!

子宮頸がんとHPV(ヒトパピローマウイルス)

子宮の入り口である頸部にできるがんを「子宮頸がん」といいます。
子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルス(HPV)感染です。HPVはありふれたウイルスで、性交経験のある女性はほぼ100%が何らかのタイプのHPVに感染しているといわれていますが、その中でも「ハイリスク」と呼ばれる約15種類のタイプのみが子宮頸がんを引き起こします。
ただし、ハイリスクHPVに感染しても必ず子宮頸がんになるというわけではなく、多くは生涯潜伏したまま発症することはありません。
HPV感染にあまり敏感になる必要はありませんが、がんの早期発見、予防のために定期的な子宮頸がん検診が大切です。

子宮頸がんは、HPV感染から5~10年で発症するとされています。しかし、HPVに感染していても自覚症状はまったくありません。
HPV感染のピークが20歳代前半、子宮頸がん発症のピークが30歳代前半ですから、このHPV感染から発症までの10年の間に子宮頸がん検診を受けることが非常に重要になります。

子宮頸がんは検診で非常に発見しやすく、検診で予防できるがんといえます。20歳を過ぎたら2年に1回、子宮頸がん検診を受診しましょう。

お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

0120-770-929

FAX:03-5980-3439

キャンペーン情報

メディア掲載情報

人間ドック・健診についてMedical Checkup

人間ドック・健診のご予約はこちら

予約お問い合わせ

0120-770-929

受付時間
(平日)9:00 - 19:30
(休日)9:00 - 16:30

診療についてClinic

ページトップへもどる