乳房超音波の検査結果について。健診会 東京メディカルクリニック

外来診療
画像診断センター
MENU

人間ドック・健診について

その他

乳房視触診について

乳房に超音波をあてて、乳房内の異常を調べます。手で触れてもわからない小さなしこりを発見することができます。

超音波では、しこりの中身がわかります。しこりが充実性(中身が詰まっている。すなわち、がん)か嚢腫(のうしゅ、と読む。乳管の一部が拡張して袋のようになり、そこに液がたまってしこりになる)か、簡単に区別できるという利点があります。

また、超音波の長所は、身体に悪影響をもたらさないことです。何度でも手軽に行えます。

メリット

  • 小さな浸潤がんのしこりを見つけやすい
  • 放射線被ばくなどの体への負担がない
  • 気になる部分を丁寧にチェックできる
  • 乳腺密度の濃い若い乳房での異常を見つけるのが得意
    石灰化を見つけることができるからです。

デメリット

  • 良性のしこりも拾いやすい
  • 装置や検査を行う人の技術で差がでる

この検査で疑われる病気

  • 乳がん
  • 乳腺症:女性ホルモンのバランスが崩れることで起こります。30歳代から閉経期に起こりやすく、痛みを伴うことが多い疾患です。
  • 乳腺のう胞:乳腺症の一種で、乳腺内に液体がたまった袋ができた状態です。良性のため心配はいりません。
  • 繊維腺腫:若い女性にもっとも多く見られる良性腫瘍の一種です。大きさや形に変化がないか、経過観察が必要です。
お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

0120-770-929

FAX:03-5980-3439

キャンペーン情報

メディア掲載情報

人間ドック・健診についてMedical Checkup

人間ドック・健診のご予約はこちら

予約お問い合わせ

0120-770-929

受付時間
(平日)9:00 - 19:30
(休日)9:00 - 16:30

診療についてClinic

ページトップへもどる