ヘリコバクター・ピロリ検査(血液・尿・便・呼気・組織)の検査結果について。健診会 東京メディカルクリニック

外来診療
画像診断センター
MENU

人間ドック・健診について

その他

ヘリコバクター・ピロリ検査
(血液・尿・便・呼気・組織)

基準値

基準値

異常なし

この検査で疑われる病気

消化器の検査

食道・胃・十二指腸の

  • 胃・十二指腸の潰瘍
  • 胃がん 等

胃粘膜の萎縮や胃がんの発症に関係しているといわれるピロリ菌を調べます。採血や便、尿、呼気などで調べるほか、内視鏡で一部胃の粘膜を採取して調べる方法もあります。

ピロリ菌検査判定について

日本胃がん予知・診断・治療研究機構より、健診においてはピロリ菌抗体価 3 未満を陰性と厳しく判定することで、ピロリ菌既感染・現感染の方が混入することを大幅に減らすことが可能であるとの報告を受け、当院におきましても2016年度までは10U/mL未満を陰性としておりましたが、2017年度より基準値を3U/mLとし、3~10U/mLの方は過去感染(除菌)、内視鏡検査受診の方を除き、さらに精度の高い、ピロリ菌呼気検査を推奨いたします。

消化器の検査

※前回は陰性でも、今回は陽性となる可能性がありますが、胃がんのほとんどはピロリ菌感染歴がある方ですので、健診では感染の可能性がある人を拾い上げることが重要です。

よくある質問

抗体検査は(+)なのに、内視鏡の培養検査は陰性(-)でした。どうすればよいですか?

ピロリ菌培養検査は内視鏡検査時にピロリ菌がいると考えられる箇所を採取し、培養します。したがって、陰性(-)であっても胃のすべてにピロリ菌がいないとは言い切れません。呼気検査や便中抗原検査など、さらに精度の高い検査での確認が必要です。

※抗体検査は(-)なのに、内視鏡の培養検査は(+)の場合は、ピロリ菌感染があると考えられますので、ピロリ菌除菌を行いましょう。

ピロリ菌を除菌したのに抗体検査で(+)になりました。どうすればよいですか?

まずは、除菌した後に効果判定(呼気検査や便検査)を行ったか思い出して下さい。

効果判定を行っていない、または思い出せない方

除菌がうまくいっていない可能性を否定できませんので、呼気検査などで確認しましょう。

効果判定を行って除菌が出来たことを確認した方

除菌が成功していても数値が高く(抗体検査陽性)出る場合があります。
基本的には心配いりませんが、気になる場合は呼気検査で確認してもよいでしょう。
※除菌をした方は年に1度の内視鏡検査が必要です。

お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

0120-770-929

FAX:03-5980-3439

キャンペーン情報

メディア掲載情報

人間ドック・健診についてMedical Checkup

人間ドック・健診のご予約はこちら

予約お問い合わせ

0120-770-929

受付時間
(平日)9:00 - 19:30
(休日)9:00 - 16:30

診療についてClinic

ページトップへもどる