上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)の検査結果について。健診会 東京メディカルクリニック

外来診療
画像診断センター
MENU

人間ドック・健診について

その他

上部消化管内視鏡検査

検査の内容

口や鼻から内視鏡(胃カメラ)を入れ、食道、胃、十二指腸を直接観察する検査です。病変が見つかった場合、その一部を採取し病理組織検査を行うこともあります。

基準値

基準値

異常なし

この検査で疑われる病気

消化器の検査

食道・胃・十二指腸の

  • 炎症
  • 潰瘍
  • がん
  • ポリープ 等

主な所見・診断

ポリープ

胃の粘膜の表面にできる、小さなこぶのようなものです。がんにならない良性のものが多いですが、大きさや形状によっては、精密検査が必要になります。

憩室

胃壁の一部が、袋のようになって、外側に飛び出した状態です。食道や十二指腸、小腸、大腸などにもできますが、ほとんどの場合、問題はありません。

潰瘍瘢痕

胃や十二指腸の潰瘍の痕です。粘膜が引き連れ変形を起こした状態ですが、潰瘍がすでに治っていれば問題はありません。形状によっては精密検査をし、すでに治った状態か治る途中かを判断します。

十二指腸球部変形

十二指腸潰瘍が治った痕です。潰瘍瘢痕と同じく、治った状態ならば問題はありません。

胃角変形

「胃角」と呼ばれる部位が、さまざまな形に変形した状態です。潰瘍やがんも疑われるので、多くの場合、精密検査を必要とします。

お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

0120-770-929

FAX:03-5980-3439

キャンペーン情報

メディア掲載情報

人間ドック・健診についてMedical Checkup

人間ドック・健診のご予約はこちら

予約お問い合わせ

0120-770-929

受付時間
(平日)9:00 - 19:30
(休日)9:00 - 16:30

診療についてClinic

ページトップへもどる