細胞診(組織)の検査結果について。健診会 東京メディカルクリニック

外来診療
画像診断センター
MENU

人間ドック・健診について

その他

細胞診(組織)について

子宮膣部や頸管内膜の細胞を綿棒でこすって採取し、顕微鏡で細胞を調べます。

判定のしかた

「ベセスダシステム」という方法で判定されます。
下記の表を参照ください。

ベセスダシステム

略語 ※( )はクラス分類 結果 方針
NIM(Ⅰ・Ⅱ) 正常な細胞のみ 定期検診を受けてください。
ASC-US(Ⅱ・Ⅲa) 異形成と言いきれいな細胞に変化がある 3または6か月後に再検査が必要です。HPV(ヒトパピローマウイルス)の検査が望まれます。
ASC-H(Ⅲa・Ⅲb) 高度な細胞異型の可能性があるが確定できない 精密検査(コルポスコピー、生検)が必要です。
LSIL(Ⅲa) HIV感染や軽度異形成と考えられる
HSIL(Ⅲa・Ⅲb・Ⅳ) 中等度異形成・高等度異形成・上皮内がん(早期がん)と考えられる
SCC(Ⅴ) 扁平上皮がんと考えられる
AGC(Ⅲ) 異型腺細胞が認められる 精密検査(コルポスコピー生検、頸管および内膜細胞診または組織診)が必要です。
AIS(Ⅳ) 上皮内腺がんと考えられる
Adenocarcinoma(Ⅴ) 腺がんと考えられる
Other malignancy neoplsia(Ⅴ) その他の悪性腫瘍が考えられる 精密検査(病変検索)が必要です。

この検査で疑われる病気

  • 子宮頸がん
  • 子宮頸がんに至る病変(異形成、前がん病変)
お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

0120-770-929

FAX:03-5980-3439

キャンペーン情報

メディア掲載情報

人間ドック・健診についてMedical Checkup

人間ドック・健診のご予約はこちら

予約お問い合わせ

0120-770-929

受付時間
(平日)9:00 - 19:30
(休日)9:00 - 16:30

診療についてClinic

ページトップへもどる