内視鏡センター,検査.東京 北区.東京メディカルクリニック へ,日曜診療,夜間診察も.治療案内

外来診療
画像診断センター
MENU

人間ドック・健診について

その他

内視鏡検査センター

内視鏡検査装置

内視鏡検査だけでなくCT検査(CTC)、胃レントゲンを併せて総合的な検査治療が出来る内視鏡センターです

健診会東京メディカルクリニック内視鏡センターの特徴

最新鋭のオリンパスの内視鏡検査設備を完備します。

すべての検査はセデーション(軽い麻酔を使って行う検査)により患者様に苦痛なく検査を行います。
胃内視鏡は経口(口から内視鏡を挿入して検査する方法)頚鼻(鼻から内視鏡を挿入して検査する方法)を行うことが出来ます。
大腸内視鏡検査は拡大内視鏡、NBIシステムを使い、さまざまな種類の太さスコープを使い患者様に合わせた検査を行います。

また仮想内視鏡検査(CTC)検査により高齢者、内視鏡検査を過去に受けて苦痛だった方にもスクリーニング検査を行うことが可能です。

施設案内

受付・待合室

ウッドを基調としたで落ちついた待合室です。
内視鏡専用の待合室でプライバシーも守られた空間です。
個々の独立した椅子で他の受信者との距離感も保たれた空間です。
検査にいらした患者様が、リラックスしてお待ちいただけるような落ち着いた空間にいたしました。

診察室

画像ファイリングシステム完備しております。
検査後の画像をデータ化してお渡しすることが可能です。
患者さんの症状や、具合をお聞き致します。
分からないことや、心配事など小さな事でもお気軽にご相談下さい。

回復室

ストレッチャー式のベットを使い検査をします。
セデーション(軽い麻酔を使って行う検査)を使って検査をします。
患者様が立つことなくベットで寝たままの状態で検査室に移動し、検査を行うことが出来ます。
また検査終了後も寝たままで回復室にお戻りになっていただくことが可能です。

レントゲン検査室

胃のバリウム検査を行うことが出来ます。 最新鋭の胃レントゲン検査機器を使い早期に検査し低被爆の検査を行うことが出来ます。

CTC検査とは

腹部CT検査による仮想内視鏡検査です。CT検査により大腸の内部を画像化します。
それにより内視鏡を使うことなく大腸がんの検査を行うことが出来ます。

下記のような方に検査がお勧めです。

  • 過去に内視鏡検査にて苦痛を味わった方
  • どうしても大腸内視鏡検査をすることに抵抗感がある方
  • ニフレック(胃の中をきれいにするための薬)を飲むことが辛い方
  • 高齢で検査を断られたか方
  • 骨盤の手術をされた方

検査時間

5分程度です。

仮想CTC特徴

  • 専用の検査食を使い前日もお食事を取ることが出来ます。
  • ニフレック(胃の中をきれいにするための薬)を飲む必要がありません。

内視鏡検査Q&A

Q 大腸がん検診の簡易検査ってどんな検査があるのですか?

免疫的便潜血反応という検査が一番簡単に出来る検査です。1回に2回検査を行います。しかしあくまで簡易検査です。
陽性(大腸がん疑いがあるという結果)でも癌と診断される方は数%です。しかしポリープ等がある可能性はありますので、もし一度も大腸内視鏡の検査を受けたことがない方は一度は検査を受信することをお勧めします。

Q 大腸がんの検査は内視鏡以外に精密検査は出来ないのですか?

今時点では基本的には大腸内視鏡検査しかありません。
しかし大腸内視鏡は患者様が抵抗感のある検査です。なかなか症状が有っても受けたがらない方が多いです。
そういった方は仮想内視鏡検査は内視鏡を入れることなく寝たまま検査するだけで大腸のスクリーニング検査を行えます。

Q 大腸ポリープと診断されましたどうしたらよいでしょうか?

大腸ポリープは基本的には癌ではありません。
大腸ポリープは大きく分けて2種類に分かれます。
良性のポリープは腺腫といいます。良性ですが一部癌化する可能性があるので内視鏡にて切除いたします。通常約は5mm程度の大きさのものが治療の対象になります。
過形成性ポリープはほどんど癌化しないため切除の対象にはなりません。そのまま定期的に経過観察を行います。

ポリープがあった方は数が増えていないか確認するために翌年は必ず内視鏡検査を行いましょう。

当院は帝京大学医学部附属病院の連携クリニックになります。
大腸がんの手術等、精査等で積極的に連携を行っております。

詳細は下記のホームページをご参照ください。

帝京大学医学部附属病院 下部消化管外科

お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

0120-770-929

FAX:03-5980-3439
ページトップへもどる