内視鏡検査

外来診療
画像診断センター
MENU

人間ドック・健診について

その他

内視鏡検査

内視鏡検査装置

ハイビジョン画質による通常光観察に加え、粘膜表層の毛細血管や粘膜微小模様を強調表示することにより早期の胃がんを発見可能なNBI観察搭載。
上部は経口、経鼻のスコープを備えていて、苦痛の少ない検査が可能です。
下部内視鏡にも対応しております。

導入機器

機器名 特徴
Olympus社製
内視鏡
上部・下部内視鏡検査が可能です。
経鼻内視鏡も完備しております。
ハイビジョン画質による通常光観察に加え、粘膜表面の毛細血管や粘膜微細模様を強調するNBI搭載。

NBIとは

通常の内視鏡検査では、白色光を粘膜表面に照らすことにより、自然な色をモニタ上に再現しますが、「光デジタルによる画像強調」を用いた観察では、光の波長を制御することで、粘膜表層の毛細血管や、わずかな粘膜の肥厚、深部血管などを強調して映し出します。
このような特殊な光を用いた新しい内視鏡観察技術が、「NBI:光デジタルによる画像強調観察技術」と呼ばれています。

内視鏡検査画像
内視鏡検査画像
お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

0120-770-929

FAX:03-5980-3439
ページトップへもどる